鈴木 真(前職:回転寿司店)浅利 祥吾(前職:営業職)河合 敬介(前職:アパレル)

いずれも2015年入社
理由は人それぞれにあるものですが、
あえて聞いてみました。「なぜ、はなまるへ!?」

鈴木:私の前職は、同業他店の回転寿司。そして、知人が花まるで働いていたので、花まるへはよく寿司を食べに来ていた。そこで感じた「活気」とか「美味しさ」に惹かれたことが大きかったかな。

浅利:自分は営業職だった。でも歩合制の仕事だったので、先の人生を予測しにくいというか。実は自分は、寿司や生ものが苦手だったけど、花まるで食べた寿司は美味しいと感じた。そして花まる各店の活気。店舗のみんなが心からの笑顔で仕事に臨んでいる姿に感動したことですね。

河合:僕の前職はアパレルの販売スタッフ。若い頃からの憧れだったので長く続けて来たけど、自分自身の人生について考えたとき、「違う道もあるのではないか?」と転職を決意した。そしてはなまるの面接で社長に会い話しを聞いたとき、「この社長がいる会社で働きたい」と思ったんですよね。

理由は人それぞれにあるものですが、
あえて聞いてみました。「なぜ、はなまるへ!?」

鈴木:私の前職は、同業他店の回転寿司。そして、知人が花まるで働いていたので、花まるへはよく寿司を食べに来ていた。そこで感じた「活気」とか「美味しさ」に惹かれたことが大きかったかな。

浅利:自分は営業職だった。でも歩合制の仕事だったので、先の人生を予測しにくいというか。実は自分は、寿司や生ものが苦手だったけど、花まるで食べた寿司は美味しいと感じた。そして花まる各店の活気。店舗のみんなが心からの笑顔で仕事に臨んでいる姿に感動したことですね。

河合:僕の前職はアパレルの販売スタッフ。若い頃からの憧れだったので長く続けて来たけど、自分自身の人生について考えたとき、「違う道もあるのではないか?」と転職を決意した。そしてはなまるの面接で社長に会い話しを聞いたとき、「この社長がいる会社で働きたい」と思ったんですよね。

もっと、はなまるでの仕事を
楽しんでいきたい

鈴木:前職も同じ業界だったので経験はあるけど、特に調理技術は我流の部分が多かった。はなまるに入社して「花咲学校」で、基本的な技術を一から学び直すことができた。我流で身につけた技術を修正するのは難しかったけど、そのおかげで、新たな気持ちで仕事に臨むことができるようになったと思う。自分にとってはプラスの意味で、これまでの経験をリセットできて良かった。これからも、どんどん成長していける自分でありたい。

浅利:自分の名前が「あさり」なので、花まるでは名前を覚えてもらいやすい(笑)。それに、寿司が苦手だったことなど、お客様との会話が弾むネタがあるので、これからもお客様との交流を深めていきたい。お客様との会話や自分が握ったすしへの反応などは、本物のやりがいだと思っています。

河合:これまでほとんど経験がなかった包丁の使い方を一から教わり、多少なりとも使いこなせるようになってきたことがうれしい。また、徐々に寿司を握らせてもらう機会も増えてきた今、「もっとやってみたい」という意欲が湧いている。寿司を握る楽しさを感じ始めているところですし、お客様からの反応がダイレクトに返ってくることも楽しい。いろいろな楽しみがどんどん増えてきているところです。